Tag: インテル ミラノ ユニフォーム

  • 長友 インテル ユニフォーム

    「クラブの伝統であるストライプの新しい表現を追求し続ける中で、今回は ミラノで最も重要なデザインのムーブメントから着想を得ています。 「クラブの伝統であるストライプの新しい表現を追求し続ける中で、今回はミラノで最も重要なデザインのムーブメントから着想を得ています。 ★週1ぐらいで今回の旅をご紹介していきます!前回紹介したフランスのユニしかり、日韓W杯の時の胸番を○で囲んじゃうなど当たりハズレはあるものの、攻めの姿勢に好感が持てる。 、背面裾にタバコ穴、使用感があります。 また、1999/2000年のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でバルセロナに6対4で敗れたときに着用していたユニフォームでもあります。 ルート・フリット監督下でFAカップ優勝のときに初登場し、2度目は、選手権監督ジャンルカ・ヴィアッリの指揮下でリーグカップとUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たしたときでした。 また、1970年代には、1950年代のハンガリー代表チームからアイディアを得た赤色と緑色の縦縞が入った白いユニフォームが登場したこともありました。 アンブロ製品で、シャツはアウェイ用ユニフォームの伝統の黄色に、スカイブルーとロイヤルブルーのストライプが組み合わさったものでした。受注生産品のため、ご注文確認後からお届けまで約2週間ほどお時間をいただきます。 インテル02/03(H)ロナウド 正規品ですが、ロナウドは02/03シーズン開幕前に移籍した為、このユニホームは着ていません。 1960年代、トミー・ドハーティ監督下でユニフォームに再び変化があり、シャツの色はそのままでしたが、ショートパンツが白色からブルーになり、ソックスが白色になりました。当時、他のどの主要なクラブも使っていない単一色の組み合わせ、ブルー一色のアンサンブルがモダンで独特であるとクラブは考えました。特に注目すべきは、一度だけ、インテルミランのホーム用ユニフォームのようなブルーとブラックのストライプのアウェイ用ユニフォームが、1965/66年のFAカップの準決勝戦で使われたことです。 %link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。