会社設立ガイド・TOPへ > 定款を定めよう!
定款を定めよう!

定款とは、いわば会社の憲法のようなものです。定款で決められたことは法的な効果を持ちます。定款では会社の組織や運営に関した基本ルールを記載します。定款の作成では発起人全員で作成され、全員の署名押印がなければなりません。

定款は公証人役場で認証を受けることで法的な効果を持つようになります。いったん認証された定款の訂正は原則的にできないことになっています。作成にあたっては慎重さが求められます。定款に記載する項目は法的効力の違いから次の3種類に分けられます。

●絶対的記載事項
必ず記載することを義務づけられている基本事項です。

・目的
・商号
・本店所在地
・会社設立に際して出資される財産の価値および最低額
・発起人の氏名または名称、住所
以上の記載を欠いた場合、その定款は法的効力を持ちません。

●相対的記載事項
記載されなくても定款の法的効力には影響がないが、定款で定めておかないと法的効力を生じないもの。会社の必要に応じて定めます。不動産や有価証券などで現物出資をする際や、株式の内容に関する定めなどのものがあるます。

●任意的記載事項
任意に定款で定められる項目です。記載の有る無しは定款自体の法的効に関係がありません。またその項目自体にも法的効力に影響がありません。

定款の作成には厳密なルールがあり、それに沿って作られなければ認証が受けられません。特に訂正に関しては塗りつぶしたり、修正ペンの使用はできません。訂正箇所を二重線で消し、上に正しい文字を記入します。

関連エントリーの一覧です。

会社設立について
法人化の準備と手続き
難しかったら相談しよう
仕事場の問題点
サイト情報
税金について
資格・仕事のお話
Copyright (C) 会社設立ガイド 【 法人登記と株式会社の手続き 】. All rights reserved